カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

敏感肌の原因とは?

敏感肌で悩んでいる方は年々増加傾向にあります。
そこで今回は敏感肌について解説していきます。

目次
1)敏感肌ってどんな症状?
2)敏感肌の原因とは?
3)敏感肌にはお勧めのスキンケアとは?
4)敏感肌に関するその他のQ&A
5)まとめ

1)敏感肌ってどんな症状?
初めに敏感肌とはいったいどのような肌の状態なのでしょうか?解説していきます。

『1』敏感肌の症状
敏感肌の症状とは、

さまざまな要因でこのバリア機能が弱まり、ちょっとした刺激で、かゆみや赤み、ピリピリ感を感じてしまうのが敏感肌です。通常肌には、ほこりや細菌などの刺激から生体を守ってくれるバリア機能が備わっています。そのバリア機能が弱くなってしまっている状態という事です。

2』敏感肌と角質層の関係

敏感肌と角質層の関係性は、とても重要です。角質層の役割は、肌内部の水分が逃げるのを防ぐとともに外的刺激をブロックするバリア機能の役割があります。水分を保ち、肌を守っているのは、表面の皮脂や角質層の細胞に含まれるアミノ酸などの天然保湿成分(NMF)、細胞の間を満たし細胞同士を結びつけるセラミドや脂肪酸などの細胞間脂質です。さまざまな原因により、こうした成分が少なくなってしまうと、肌のバリア機能のはたらきが弱まり敏感な状態になってしまうのです。



3』敏感肌は1部分だけではない

敏感肌と聞くと「顔」を連想しがちですが、顔だけではありません。

もともと皮膚は「一枚の皮」で繋がっています。一部分、炎症を起こす事で他の部分も炎症を起こす可能性があります。頭皮なども敏感肌になると顔も敏感肌になる可能性があるので十分な注意とケアが必要です。

2)敏感肌の原因とは?

敏感肌はどのような原因でなるのでしょうか?解説していきます。



1』乾燥

敏感肌の多くの原因は乾燥によるものが多いです。空気の乾燥している冬ばかりでなく、夏でもエアコンで室内が乾燥する、お風呂上りや洗顔後に水分が不足してしまう。またはすぐにケアせず水分が失われる。乾燥対策は十分に行う必要があるということですね。

2』スキンケア

肌に合わない化粧品やボディソープ、シャンプーなどを使い続けたり、UVケアを怠って紫外線を浴び続けたりすることで、皮膚がダメージを受け、刺激に過敏になることも原因のひとつです。「使用方法を守る」「衛生的に」も心がけるといいでしょう。

洗顔時や身体を洗う際も、ゴシゴシとこするのではなく、優しく角質層の表面を傷つけないように洗うことも重要です。

3』加齢やストレス

加齢によって表皮・真皮は徐々に薄くなっていきます。コラーゲンなどが減少し、弾力を失います。さらにメラニン細胞の数も減り紫外線から守る力も衰えてきます。年齢を重ねる事で、少量の刺激でもダメージを受け、敏感肌になりやすくなります。また、ストレスの精神的な部分から体内のバランスが崩れ皮膚にも大きな影響を与える場合もあります。

3)敏感肌にお勧めのスキンケアとは?

敏感肌になってしまったときにお勧めできるスキンケアについて解説していきます。



1』バリア機能をサポート

刺激に過敏になっていると感じるときには、お肌への負担をなるべく減らす環境をととのえることや、皮膚のバリア機能をサポートするスキンケアをしましょう。スキンケアの基本は

お肌の清潔(洗浄)

うるおいを与える(保湿)

紫外線からまもる(遮光)

3つの基本をしっかりおこなうことで、皮膚を健康で正常な状態に保つことができます。

2』敏感肌用化粧品の選び方

敏感肌用化粧品では配合する原料の種類にもこだわり、お肌への負担が少なく、お肌にとって必要なものが厳選されています。アミノ酸、セラミド3、スクワランは皮膚のバリア機能をサポートする保湿成分としておすすめです。

3』敏感肌のための洗浄剤で大切なこと

敏感肌や乾燥肌の洗浄のスキンケアでは皮膚のバリア機能をまもって洗うことが大切です。

汚れをきちんと落とすだけでなく、お肌へのやさしさを考えた洗浄成分で、細胞間脂質などの皮膚にとって大切な成分は落とさないような洗浄剤を選ぶことが大切です。さらに泡立ちや洗い流しのしやすさ、洗い上がりの気持ちよさなどの使用感の良さも合わせもった洗浄剤がおすすめです。

4)敏感肌に関するその他のQ&A

敏感肌に関するその他のQ&Aを解説していきます。



Q1』具体的にどのような洗顔方法がいいですか?

泡立てネットを使用してきめの細かい泡を立てて洗顔することできめの細かい部分の汚れもとることができます。また、あついお湯ですすぐと、お肌をより乾燥させてしまいます。すすぎはぬるま湯(35度程度)で良いでしょう。

Q2』化粧水だけでも大丈夫?

化粧水のみの保湿でもお肌は一時的にしっとりしますが、敏感肌や乾燥肌などのバリア機能が低下しているお肌では水分がすぐに蒸発してしまうため乾燥しやすくなります。オールインワンクリームなどでも大丈夫な方はいますが、オールインワンクリームを塗った後に化粧水することも効果的です。

Q3』洗顔後に直ぐに保湿剤を塗ったほうがいいですか?

洗顔後、5分程度でお肌の水分量は減少し洗顔前よりも乾燥します。クレンジング、洗顔をおこなった後はすぐに化粧水をつけましょう。5分以内が目安ですね。



まとめ

お肌から水分が失われることを防ぐ皮膚のバリア機能が低下しています。お肌にやさしいスキンケアによって皮膚のバリア機能をととのえる事で敏感肌を健康な肌にしていきましょう。









コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ