コラム

化粧品の選び方とは?【基礎化粧品の役割と成分から見る】

化粧品の選び方とは?【基礎化粧品の役割と成分から見る】

数多くある化粧品ですが、基礎化粧品、メイクアップ化粧品など種類は様々です。その中でも今回は基礎化粧品について解説していきます。

基礎化粧品とは何か?また、どんな商品がいいのかなど

購入する際の参考にしてみてください。

毎日肌につけるものだから

しっかりとした知識を身につけましょう。

目次

1)基礎化粧品とは

2)髪と頭皮のケア

3)基礎化粧品に関するその他のQ&A

まとめ

1)基礎化粧品とは

基礎化粧品とメイクアップ化粧品ではどの様な違いがあるのでしょうか?

基礎化粧品の役割など解説していきます。


1】基礎化粧品の役割

基礎化粧品とは、メイクアップする前の素肌に

不足した栄養素や水分を補給し、肌を整える役割をします。

肌を清潔に健やかに維持する為の化粧品の事です。

自分自身、勤務していた化粧品メーカーでは基礎化粧品を製造していました。

肌を健やかに整える為には基礎化粧品は欠かせません。

また毎日つけるものだから、肌に合った化粧品選びが必要になります。


2】基礎化粧品の種類とは

化粧水、美容液、乳液、クリームといった皮膚を健やかに保ち、

肌質自体を整えることを目的とする化粧品です。

その1. 化粧水 - 水分を補給するために使用する。

その2. 乳液  - 化粧水では補いきれない水分、また油分や栄養等を補給する。

その3. 美容液 - 化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。

その4. クリーム - 化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。

などの種類があります。


3】基礎化粧品の選び方

肌は常に同じ状態ではありません。

年齢や気候、体調、ストレスなどで変化します。

また季節の関係で、夏と冬で同じケアだと

十分な潤いを与える事が出来ない場合や、逆に油分を

与えすぎてしまう事もあります。季節や年齢に合わせて

柔軟に化粧品選びをする必要があります。


2)髪と頭皮のケア

基礎化粧品などは肌に直接塗るもので必要不可欠なケアになりますが、

髪や頭皮のケアはどうすればいいのでしょうか。

解説していきます。


1】頭皮のケアは重要?

日々のスキンケアと同じくらい重要な頭皮のケア。

頭皮の状態は髪だけでなく、たるみやシワなど、顔にも影響します。

何故かというと人間の皮膚は、頭から足まで全て繋がっています。

要するに「一枚の皮」というニュアンスですね。

その一部の皮膚が炎症を起こしてしまうと、

次々に近くの皮膚も炎症を起こしかねないという事です。


2】髪の状態に頭皮も関係ある?

乾燥している頭皮の場合、自然の保護膜として

行き渡るはずのうるおいや皮脂が不足し、バリア機能が低下。

空気の乾燥や紫外線などからダメージを受けやすくなり、

髪がパサつきがちになります。

また、地肌の皮脂分泌量は、顔の肌の約2倍。

うるおいと皮脂のバランスがくずれると、

過剰に分泌された皮脂が髪に付着します。

そこに汗やほこりなどが混ざることで髪がべたつき、

ハリやボリューム不足につながることもあります。

乾燥やかゆみ、フケ、べたつき、においなどの

トラブルを地肌に抱えていると、髪の成長が妨げられることもあります。


3】髪の乾燥に注意

髪の乾燥は中々気づかない場合もあります。

髪の毛のパサつきや、ゴワゴワなどの時は

乾燥していると気がつきますが、日常生活を送っている中で、

いつ乾燥しているのでしょうか?

それは外出している場合だけではなく、

オフィスや自宅でも意外と乾燥しています。

「エアコン」によって髪の毛は乾燥しています。

冬は勿論、ストーブなどで乾燥しますよね。

乾燥を防ぎためにもヘアーオイルで油分を補うなどのケアが必要です。


3)基礎化粧品に関するその他のQ&A

Q1】「お肌に合わない場合はご使用をおやめください」とは、どんな時ですか?

化粧品は、肌に対する安全性について十分な注意を払い、

通常の使用において刺激やトラブルの起こることのないよう製造されています。しかし、使用する人の体質や体調、季節や年齢などによって、

使用中または使用後に、ほてり、かゆみ、赤み、痛み、腫れなどの異常

肌にあらわれることがあります。

その場合は、直ちに使用を中止し、専門医の受診を行いましょう。


Q2】使い残した季節ものの化粧品を来年も使用して問題ないですか?

正しく保管しておけば使用できます。

保管する際は、容器の口元をきれいにふき取り、

キャップを完全に閉め、温度変化が少なく

直射日光のあたらない場所に保管してください。

しかし、開封した時に「異臭がする」分離している場合は、

変質や酸化の可能性がありますので、使用は避けてください。


Q3】化粧品には使用期限が記載されていないですが使用期限はありますか?

薬事法では、製造後3年以内で変質する化粧品を除き、

使用期限を表示する必要はないとされています。

ただ開封してしまった化粧品は、早めに使いきるようにしましょう。


【まとめ】

基礎化粧品について解説してきましたが、頭皮も含めケアが必要です。

また、様々な化粧品がある中で、自分自身に合った化粧品選び、

季節などに合わせて使用すると良いでしょう。

肌を健康に保ち、美肌を手に入れてください。


コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ