コラム

サジーはギリシャ神話にも登場?

古代ギリシャより受け継がれている伝統文化のギリシャ神話に

サジーについて記されています。ご紹介していきます。

目次)

1) ギリシャ神話とは?

2) サジーがギリシャ神話に登場?

3) サジーと馬にまつわるモンゴルの逸話

4) まとめ



1) ギリシャ神話とは?


まず、ギリシャ神話について解説していきます。

ギリシャ神話とは、ギリシャの小学校でも欠かせない教養として

歴史の教科にもなっており、古代ギリシャの伝承文化や、

人間のように愛憎劇を繰り広げる物語です。

この物語をギリシャ神話と呼んでいます。

古代ギリシャの市民教養でもあり、古代地中海世界の共通知識でもあります。

様々な神の登場もギリシャ神話の人気の一つとなっています。

神々の人間味あふれる物語が一番の面白い部分でもあるのですが、

古代ギリシャが栄えた地中海地域は、暑く乾燥した気候なんです。

その気候が果樹栽培に適しており、様々な生産物を生むのです。

その中の一つが「サジー」でした。



2) サジーがギリシャ神話に登場?


サジーは紀元前のギリシャ神話にも登場していたのと、

サジーの学術名「ヒポフェ」にもギリシャ神話との関係があります。

「ヒポフェ」はラテン語で「輝く馬」という意味です。

この「輝く馬」の由来は、馬がサジーを食べたことで、

健康的な毛並みになったことが由来とされています。

このことが、ギリシャ神話の資料にも紹介されています。

「古代ギリシャの伝説では、レースのために食事制限をしている馬に

サジーを与えたところ、その馬は輝く毛並みを手に入れたとされています。

さらには美しい毛並みだけでなく、病気の馬には健康も与えていました。

また、ギリシャ神話ではサジーは空を飛ぶ馬『ペガサス』の大好物でした。」

*参考文献 日本サジー協会*


この時からサジーは自生しており、馬の健康にも効果があった事がわかります。

サジーと馬にまつわる話は、13世紀モンゴル皇帝の

チンギスハンの話も有名です。

チンギスハンのサジーと馬にまつわる逸話は、後ほどご紹介します。

ただ、馬の健康にも効果があるサジーは、

人間にも良い効果をもたらしてくれるという事です。

また、馬と人間の体温も動物性油脂としては珍しく、ほぼ同じ温度です。

そのことから馬の皮膚にも良く、

人間の皮膚にも様々な良い効果が期待できます。

健康から美肌までのすべてをサジーがサポートしてくれるという事です。



3) サジーと馬にまつわるモンゴルの逸話


チンギスハンは、中国から東ヨーロッパへと進出して、

13世紀に帝国を設立しました。

そのチンギスハン部隊が帝国を設立できたのも

サジーが深くかかわっているとされています。 

チンギスハンの部隊は、激しい戦の中で負傷した馬を

サジーの木のがなった場所で、サジーの実を食べながら過ごしていました。

すると馬は元気になり、輝く美しい毛並みの馬となっていたのです

その姿をみたチンギスハンも自らサジーを食すようになり、

チンギスハンの部隊の必需品として重宝されるようになりました。



4) まとめ


ギリシャ神話やチンギスハンの逸話でも

「サジー」と「馬」の関係が非常に密接で、

非常に深い関係があり、相性が良いこともわかります。

この逸話もあり、UnaLunaではサジーと馬油を主原料に

スキンケア商品を開発しています。

サジーは栄養素が豊富で、馬油保湿に適しています。

ぜひそんな、サジーと馬油のスキンケア商品を試してみてくださいね。

こちらから↓↓↓↓

シーベリー・サジー化粧品 Una・Luna (unaluna.jp)

コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ